カリスマ主婦はやっている!手抜きに見えない掃除方法!

完璧を求めすぎず、手軽に!

ながら掃除のコツ

まず、汚れが良く付きそうな、たまりそうな場所にあらかじめ掃除道具を買っておきます。
(自分の気に入った、見栄えの良いものにすることもコツです)

例えば、洗面台には小さなブラシやスポンジ、鏡や蛇口のさっとふける小さなタオル、リビングにはクイックルワイパー、棚のわきには、ホコリ取りなどをあらかじめ置いておきます。

そして、自分で気が付いた時に、迷わずそれで汚れをとってしまうのです。

また、台所の片づけが終わったら、ひと手間足して、シンクまで洗ってしまう。
(シンク用のスポンジを用意しておくのもおススメです)

トイレに入ったときに、こまごまとした個所をシートで拭いておけば、いつもキレイが保てます。

そんなに、頑張らなくても小さなことをやっていくことを習慣にすれば、考えるよりも楽に掃除が出来てしまいます。

ながら掃除のアイデア

洗面所の近くにコロコロ(粘着テープでゴミを取るもの)を置いておいて、洗面所の髪の毛や小さな糸くずなどをさっと取ってしまうのも、掃除が手抜きに見えないテクニックの一つです。

また、本棚や、ベッドサイドの棚などには、ホコリがたまりやすいですね。
それには、乾いたティッシュペーパーがお勧めです。
ティッシュペーパーを一枚とって、そのホコリを取ってしまえば、わざわざ布巾で拭き掃除をしなくても、手軽に掃除が出来てしまいます。

また、お風呂のこまごまとした場所には、使い古した歯ブラシを用意しておき、お風呂に入ったついでにカビや汚れを落とすことが出来ます。

歯ブラシは汚れたら捨ててしまえばよいので、それも簡単な方法です。

またお風呂上りに、冷水をお風呂全体にかけておくと、湯気がおさまってカビの付きにくいお風呂になるんだとか…。
出来る方は熱湯でも良いそうです。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ

TOP